先日、海外駐在が長いパパさんと「カルチャーショック」について話した。

ここ数年、アメリカにいたけれど、「カルチャーショック…なにがあったっけ?」と

考え込むほどでした。

そうか、もはやアメリカではカルチャーショックはないのか~と思っていた。

私も手紙で「えぇ?!」とアメリカ人のパルから驚かされることもないし…と

思っていたら、ありました!

イギリス人のパルが日本で「えぇ~!?そんなことできるの?

日本って、本当に信頼し合った社会なのね!!イギリスではありえない。」と驚き、

アメリカのパルもその存在を知ったら、「素晴らしい!アメリカにも前はあったけれど

いまはそういう信頼は崩れていて、そんなシステムはないわよ!」と

これまた驚いていたもの。

日本人の私からすると、へ~、そんなに驚くものなのか~と意外だったのは

”代引き”、ええ代引き。

商品と引き換えに代金を払う、代引きです。

イギリスのパルが一眼レフカメラを買うとき、ネット注文に苦戦していたので

私が注文して、代引きでそっちに届くようにしてあげるよ~と代引きシステムで

一眼レフを買ったイギリスのパル。

「すごい!」と代引きシステムと届くまでの速さに感心していた。

いま青森に着いたばかりのアメリカ人のパル、お弁当箱を買いたいらしいけれど

近くにショッピングセンターがない~というので、

ネットショッピングを奨めたところ、

「コンビニ払いにすればいいのかしら?」と聞くので、

「大体、どこでも代引きはあると思うよ~」と話すと、

「何、そのシステム?!」と驚いていた。 

代引き、こんなに外国のパルたちに驚かれたり、感心するとは、

私もいままで知らなかった。

やっぱり、住んでこそわかることっていうのもあるんだろうなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村